大型表面保護フィルム貼り付け機

表面保護フィルムを幅広の大型アルミ板へ張付ける装置

,
表面保護フイルム貼付機

複数の保護フィルムを並べ、フィルム間の隙間には隙間テープを貼りつけいろいろな幅のアルミ材に対応可能

  • 貼り付ける前にエアブローで張り付ける対象物のゴミの取り除き
  • 静電気防止機能付き
表面保護フイルム貼付機
ワーク送り込みテーブル
表面保護フイルム貼付機
左から 制御盤、本体、ワーク送り出しテーブル

ワーク(アルミ板)は狭小のもの(3 5 0 m m ) から 幅広のもの(2 8 0 0 m m )まで保護フイルムの貼付が可能
幅広の場合3本の保護フイルムを同時に貼付

動力は
ワークの搬送には電気モータ
カッタ及びローラの昇降にはエアシリンダ
を使用

入出側テーブル、ピンチロールの駆動モーターにはインバーターが設置
ロール回転の速度、加速度が設定可能でアルミ材送り時に傷や板ズレを防ぐことが可能
アルミ材送りの際のロールの駆動やピンチロール、フィルムカッターの動作などの機器操作がすべて制御盤から操作可能

仕様

保護フイルム

450mm幅×2、1,500mm幅×1、厚さ 0.12mm

貼付対象

アルミ板 板厚 1.4~14mm、幅 350~2,800mm、長さ 1~10m

貼付速度

5~10m/min

貼付部本体

幅 3.4m、奥行 1.8m、高さ 2.1m

ワーク送り込みテーブル

長さ 12m

ワーク送り出しテーブル

長さ 12m

資料ダウンロード