曳航体巻取り装置

航空機のRVSMを試験する際航空機に搭載し、曳航チューブを巻き取り収納 気圧高度計のキャリブレーション用に尾部…

,
曳航体巻取り装置

平成17年に国内空域に導入された垂直管制間隔の短縮に向け航空機の気圧高度計をキャリブレーションするため
航空機尾部より繰り出される数十メートルのチューブを巻き取る装置

装置中央部に大型ドラムを有し、チューブを巻き取る

  • チューブ巻取り・繰り出しはどちらも電動モータで自動運転するほか、手動操作ボタンによりインチング作動も可能
  • モータ故障時に備え、手動巻取り装置も装備

仕様

寸法

W2,000 × D700 × H1,500 mm

質量

300kg

チューブ巻取長

100m以上

巻取り/繰出し速度

5m/min

資料ダウンロード